フィンランド - ザ・ワールドニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 

2017年01月05日

ベーシックインカムを試験導入、2千人対象 フィンランド

1: 2017/01/03(火) 20:56:32.16 ID:CAP_USER9

ベーシックインカムを試験導入、2千人対象 フィンランド
2017.01.03 Tue posted at 15:21 JST
http://www.cnn.co.jp/business/35094497.html

ロンドン(CNNMoney)?北欧フィンランドで今月から2000人を対象に保証収入を支給する制度を試験的に導入する試みが始まった。
今月から始まったプログラムは、ユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)の実効性をテストする最初の取り組みの1つだ。対象者には収入や資産、雇用状況にかかわらず、毎月一律560ユーロ(約6万8000円)が支給される。
この制度は、技術の進歩とともに人間による労働の必要性が低下する中、UBIが労働者により大きな保障を提供するというものだ。この制度では失業者が給付を受けながらパート労働を行うことも可能になる。

この最初のプログラムは、2年間の期間限定で実施される。対象者はランダムに選ばれるが、失業手当か所得補給金を受給していたことが条件だ。また、このプログラムを通じて支給される保証収入は非課税となる。
このプログラムがうまく行けば、フィンランド人の成人全員に対象が拡大される可能性もある。

以下はソース元で。


2: 2017/01/03(火) 20:57:26.16 ID:bhGMc6k60

日本もはよ


3: 2017/01/03(火) 20:57:39.28 ID:MeHlbm3P0

フィンランド
no title


混浴サウナにBIに
フィンランドは天国かよ


6: 2017/01/03(火) 20:59:20.08 ID:NGwGfdIm0

>>1
> 失業手当か所得補給金を受給していたことが条件だ。

よく分からん
何をもってプログラムが成功だって判断するんじゃ?

続きを読む
posted by 中島 at 14:00 | Comment(0) | フィンランド

2016年08月27日

【ベーシック・インカム】月6万円強の最低所得保障、フィンランドが試験導入へ

1: 2016/08/26(金) 16:50:46.03 ID:CAP_USER9

AFP=時事 8月26日(金)16時40分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160826-00000035-jij_afp-bus_all

【AFP=時事】フィンランド政府は25日、全国民に毎月一定額を支給する「ベーシック・インカム(最低所得保障)」制度を
試験的に導入する方針を明らかにした。労働年齢の国民から無作為に選んだ2000人を対象に、
月額560ユーロ(約6万4000円)を給付する計画だという。

 政府によると給付額は、昨年5月に就任したユハ・シピラ(Juha Sipila)首相の公約に従って決定した。
実業家出身のシピラ首相は、ベーシック・インカムの導入が雇用促進や社会福祉制度の簡素化に
つながるかどうかを検証したい考えだ。

 ベーシック・インカムをめぐってはスイスで6月、成人国民全てに毎月2500スイスフラン(約26万円)、
未成年に同625スイスフラン(約6万5000円)を支給する制度の導入可否が国民投票にかけられたが、
反対多数で否決されている。【翻訳編集】 AFPBB News


3: 2016/08/26(金) 16:51:33.09 ID:VOFL6oXx0

生活保護だろ


4: 2016/08/26(金) 16:51:54.14 ID:mDKzZdTN0

日本でもやれ


13: 2016/08/26(金) 16:53:14.49 ID:z4b4tg9+0

>>4
民主党政権時代に試算したら国民年金より給付額が減った

続きを読む
posted by 中島 at 19:01 | Comment(0) | フィンランド

2016年01月05日

全国民に月額11万支給で話題のベーシックインカムの罠…国民をどんどん貧困に?

1: 2016/01/03(日) 10:03:36.67 ID:CAP_USER.net

http://biz-journal.jp/2016/01/post_13130_3.html

 北欧フィンランドは、約540万人の全国民に月額800ユーロ(約11万円)の「ベーシックインカム」を支給する検討を始めた。
2016年11月までに最終決定される見通しで、導入されれば世界初となる。

 まだ実際に導入が決まったわけではないが、反響は大きい。日本でも今月このニュースが報じられると、
インターネット上で「壮大な社会実験が始まった」「日本も導入を検討してもよい」などと称賛する声が上がった。
 ベーシックインカムとは、就労や資産の有無にかかわらず、すべての国民に対して生活に最低限必要な
収入を現金で給付する社会政策である。社会保険など従来の所得保障がなんらかの受給資格を設けているのに対し、
無条件で給付するのが最大の特徴だ。
 全国民に漏れなく最低限度の収入を保障することで、「ワーキングプアなど従来の社会保障で救えなかった
人々も助けることができる」と期待する声がある。
 だが、本当にベーシックインカムで貧困層を救うことはできるのだろうか。
 ベーシックインカムを支持する人々が、忘れてしまっていることがある。それは、貧しさを救うために本当に必要なのは、
お金ではないということだ。必要なのは食品、衣類、住居をはじめとするモノである。
お金を食べたり着たりすることはできないのだから。
 ベーシックインカム導入後、支給された金額で必要なモノが必要な量だけ買えるのであれば、
問題はない。しかし、もしベーシックインカムを導入した影響で国のモノを生産する力(生産力)が落ちてしまうようだと、
話は違う。必要なモノが足りなくなり、手に入りにくくなってしまうからだ。

生産力にマイナス
 実際、ベーシックインカムを導入すると、いくつかの理由により、生産力にマイナスの影響を及ぼす。
 まず、働かなくても一定の収入を得られるため、勤労意欲が低下する。この指摘に対しては、
「稼ぎが一定以上になると打ち切られる生活保護と違い、ベーシックインカムは所得水準にかかわらず支給されるので、
勤労意欲を阻害することはない」という反論がある。

 確かに、ベーシックインカムがたとえば1人あたり月5万円程度の比較的少額であれば、それが支給されたからといって、
「もう働くのはやめて遊んで暮らそう」などと考える人はいないだろう。ベーシックインカムがこの程度の金額にとどまっていれば、
生産力はさほど落ちないとみられる。
 しかし、月々たった5万円では「生活に最低限必要な収入」とはいいにくい。ベーシックインカムとうたうからには、
日本の場合、フィンランド並みの10万円超を念頭に、もっと上積みが求められるはずである
。そして実際にもっと多い金額が支給されれば、文字どおりそれがあれば最低限の生活はできるのだから、
働かない人は確実に増える。これは生産力を低下させる。
 ベーシックインカムを支持する人のなかには、ホリエモンこと堀江貴文氏のように、
「世の中には働くのが好きで働いているような一握りの人がいて、イノベーション(技術革新)を生み出し、
社会の富を作り上げている。だから、働きたくない人は働かなくてもいい」という意見もある。
しかし、この考えも生産力のことを忘れている。
 なるほど、商品のアイデアを生み出すのは、たいてい一握りの才能ある企業家であるが、
それを現実の商品として製造・販売する仕事は、一握りの企業家だけではできない。多くの働き手がいる。
ふつうの人々がベーシックインカムに満足して働かなかったら、生産力はガタ落ちとなり、
社会を物質的に豊かにすることはできない。


2: 2016/01/03(日) 10:03:46.66 ID:CAP_USER.net

貧しい人々をもっと貧しく
 ベーシックインカムが生産力を衰えさせる原因は、勤労意欲の低下だけではない。
もし財源として増税が必要になれば、それも生産力にマイナスの影響を及ぼす。
 現代経済の高い生産力を支えるのは、製造の機械化である。増税が実施されると、
機械化投資に回す資金が減り、生産力の低下につながる。
 企業の投資に直接響く法人税は、さいわい減税の議論が進んでいる。だが消費税や所得税など
個人が負担する税金でも、増税されれば投資に影響する。個人は貯蓄から銀行預金や株式購入を通じ、
企業に資金を供給しているからである。増税で個人に貯蓄の余裕がなくなれば、企業に流れる資金は減り、
生産力の低下に結びつく。
 資産税や相続税など富裕層への課税が強まれば、堀江氏が述べたような一握りの才能ある企業家が
、日本を離れてしまう恐れもある。これも生産力にはマイナスだ

 ベーシックインカム導入に伴い増税が実施される可能性は大きい。従来の社会保障を撤廃する
ことで浮く財源もあるが、それによって支給できるベーシックインカムはせいぜい月5万円程度といわれる。
前述のように、わずかそれだけでは「生活に最低限必要な収入」とはいえないとして、上乗せの圧力が強まるだろう。
そうなれば増税は避けられない。
 しかも厄介なことに、「生活に最低限必要な収入」は、本来の最低限を超えてどんどん膨らむ恐れがある。
政治家が有権者の人気を取りたがるからである。
 従来の社会保障では、社会保険料の負担を抑え有権者の人気を取るため、歴代政権によっ
て税金が安易に投入されてきた。ベーシックインカムの額が国政選挙のたびに引き上げられる事態はたやすく想像できる。
 有権者は一時喜ぶかもしれないが、増税や勤労意欲の低下で生産力が落ち、モノ不足で物価が上がり、
ベーシックインカムのさらなる引き上げや他の社会保障の復活が必要になるという悪循環に陥るのは確実である。
 貧しい人々に必要なモノを行き渡らせるためには、まず十分な量のモノを生産しなければならない。
ベーシックインカムは、従来の社会保障と同じかそれ以上に国の生産力を衰えさせ、貧しい人々をむしろもっと貧しくするだろう。
(文=筈井利人/経済ジャーナリスト)

続きを読む
posted by 中島 at 10:00 | Comment(0) | フィンランド

2015年12月08日

フィンランド、国民全員に800ユーロ(約11万円)のベーシックインカムを支給へ

1: 2015/12/08(火) 07:35:26.49 ID:5hR2yivw0.net BE:837857943-PLT(12931) ポイント特典

フィンランドが国民全員に非課税で1カ月800ユーロ(約11万円)のベーシックインカムを支給する方向で最終調整作業に入ったことが判った。

ベーシックインカム支給に要する総予算は522億ユーロ(約7兆円)にも及ぶこととなるが、ベーシックインカム支給と共に、
政府による他の全ての社会福祉支給が停止となる予定ともなっており、政府は複雑化した社会福祉制度を
ベーシックインカムに一本化することにより、間接的な費用の支出を抑えることもできることとなる。

最近行われた世論調査ではフィンランド国民全体の約69%が導入に賛成の意見表明を行っており、現状のままで世論動向が推移した場合には、
フィンランドは世界で初めて、ベーシックインカム制度を導入する国家となることとなる。

ベーシックインカムの導入の最終決定は2016年11月までに行われることとなる見通し。

西欧諸国の間では、オランダもベーシックインカム制度導入のための試験制度を来年から導入することを既に、決定している。

http://www.businessnewsline.com/news/201512071631370000.html


2: 2015/12/08(火) 07:36:57.38 ID:B1uNEmtd0.net

社会福祉支給停止ってこわいんやけど


3: 2015/12/08(火) 07:37:04.11 ID:c0stq7MC0.net

サウナ代


4: 2015/12/08(火) 07:37:31.52 ID:Y5GIRbt/0.net

月11万もらえるんなら
もう働かないなw

続きを読む
posted by 中島 at 12:57 | Comment(0) | フィンランド