スイス - ザ・ワールドニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 

2016年06月09日

スイスの富裕な村、罰金3千万円を支払って難民受け入れを拒否「お金で支援した方がいい」

swis.png
1: 2016/06/07(火) 18:58:02.78 ID:tm1J8WFN0 BE:218927532-PLT(12121) ポイント特典

スイス北部の村オーバーヴィール=リーリは、ヨーロッパの中で最も富裕な地域のひとつ。
人口2,200人の中の300人がいわゆるミリオネア(百万長者)だ。
こんな豊かな村が、最近、村議会で難民受け入れ拒否する決定を下した。

スイス政府は現在、5万人の難民受け入れを約束しており、自国内の26の行政地区に難民受け入れの
人数をそれぞれ割り当てている。そしてこの村、オーバーヴィール=リーリに割り当てられた人数は10人。
この10人を受け入れなければ、日本円にして約3,275万円(290,000スイスフラン)の罰金を政府から課せられる。

難民を受け入れるか否かについて村議会で投票を行なった結果、52%が受け入れ反対。
約3,275万円の罰金を払ってでも、10人の難民を拒否するという決定が下った。

反対派のひとりは海外ニュースメディアに次のように語っている。
「我々は彼ら(難民)にここに居てほしくない。早い話がそういうことだ。我々は美しく住みやすいこの村を
つくるために人生をかけてきた。そんな村を壊されたくないだけだ。この村に難民に適した場所はない」

一方、こうした意見を「差別主義だ」といって批判する村人もいる。
村のある主婦はこう言っている。
「拒否の議決を下したというと、まるで私たちが自分のことだけを考え、他の人のことなどどうでもいいと
思っているように映ってしまうけど、そんなことはない」
「自分たちより不運で不幸な人たちには、何かしてあげるのが正しいことだと思う」

オーバーヴィール=リーリの村長は、今回の議決について次のように説明する。
「例えばシリアからの難民は、ぜひ助けてあげなければならないが、彼らの住んでいた国に近い場所に
難民キャンプを作ったほうが、遠く離れたこの村に受け入れるよりいい」
「それに、罰金は援助金として送金され、難民のために役立てられるはずだ」

http://irorio.jp/sophokles/20160531/324393/


2: 2016/06/07(火) 19:00:08.46 ID:uAoGzdYM0

経済難民


3: 2016/06/07(火) 19:00:20.31 ID:uYVCjswU0

なるほどなあ


4: 2016/06/07(火) 19:00:30.12 ID:qIRQLHyF0

スイスらしいじゃないか

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(0) | スイス

2016年06月06日

【スイス】ベーシックインカム制度導入案、国民投票で78%が反対し否決

swis.png
1: 2016/06/05(日) 23:22:05.12 ID:CAP_USER9

Switzerland 'rejects basic income', poll projections suggest

Projections from a referendum in Switzerland suggest voters have rejected a plan to introduce a guaranteed basic income for all.
Some 78% of voters opposed the plan, a GFS projection for Swiss TV suggested.

http://www.bbc.com/news/world-europe-36454060


3: 2016/06/05(日) 23:23:00.50 ID:RR8OPWHW0

やっぱ否決されたかー
でも22%賛成なのか
数年したら過半数超えそうだな


7: 2016/06/05(日) 23:25:19.37 ID:/kMJDpiJ0

>>3
ベーシックインカムで得をするのが22%ってことか


11: 2016/06/05(日) 23:30:29.40 ID:3IIniimb0

>>7
公的年金、健康保険、失業保険、生活保護、その他の社会保障全てを一元化して得する奴なんてほとんどいないよ

ニートとかの馬鹿は勘違いしてそうだけど

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(0) | スイス

最低所得保障(ベーシック・インカム)の是非めぐりスイスで5日、国民投票 全住民に月27万円を支給、外国人も対象

swis.png
1: 2016/06/05(日) 17:48:23.08 ID:CAP_USER9

世紀のバラマキ策の是非めぐりスイスで国民投票 全住民に月27万円を支給、外国人も対象

 【ベルリン=宮下日出男】スイスで5日、全ての住民に対して無条件に毎月、一定額を支給する「最低所得保障」(ベーシック・インカム)の導入をめぐる
国民投票が実施される。否決されるとの見方が強いが、最低所得保障の是非を国民全体に問うのは世界で初めてといい、欧州では新たな社会福祉のあり方の一つとして議論になっている。

 投票は市民団体が必要な署名を集めて実現。具体的な制度内容は可決された場合に法律で決めるが、
団体側は大人に月2500スイスフラン(約27万円)、子供に625スイスフランを支給するとし、国内の外国人も対象に想定している。

 推進派は最低所得保障の導入で国内の貧困や不平等の是正につながると主張。失業手当などの社会保障と入れ替えることで行政効率化も図れるとする。
だが、反対派はコストが大きく膨らむ上、逆に人々の労働意欲をそぎ、生産性を低下させると反論している。

 スイス政府やほとんどの政党は最低所得保障の導入に反対を表明。投票直前の世論調査では約7割が反対しており、国民投票で可決される公算は小さい。
これに対し、推進派の市民団体側は「幅広い議論の開始こそが勝利」だとしている。

 最低所得保障をめぐっては他の欧州諸国でも議論されており、フィンランド政府やオランダの自治体が効果を検証するため、来年から一部に対して試験的に導入する方針も示している。

http://www.sankei.com/world/news/160605/wor1606050020-n1.html


2: 2016/06/05(日) 17:49:02.14 ID:voz25gLy0

>全住民に月27万円を支給

在日はスイスへ移住しろ


3: 2016/06/05(日) 17:49:02.75 ID:LZ6UDnZ80

ちょっとスイスに移住してくる


4: 2016/06/05(日) 17:50:01.58 ID:mPSN+Vdl0

外国人も対象にしたら日本のように食い物にされるだろ

続きを読む
posted by 中島 at 10:51 | Comment(0) | スイス

2016年05月04日

【スイス】ベーシック・インカム国民投票、世論調査で反対派が大きくリード 賛成派の論拠弱く

swis.png
1: 2016/05/03(火) 02:25:38.14 ID:CAP_USER*

スイスでは6月5日に国民投票が行われる。そのうちの案件の一つ、最低生活保障(ベーシック・インカム)の導入を求めたイニシアチブ(国民発議)では賛成が過半数を下回ることが、投票日から1カ月以上前に行われた今回の世論調査で明らかになった。導入賛成派は有権者を納得させられておらず、敗北への道を突き進んでいるといえる。

 スイスインフォの親会社であるスイス放送協会(SRG SSR)が行った第1回世論調査によると、ベーシック・インカム導入案に賛成するとした人は24%、反対は72%、4%がまだ分からないと答えた。

 「同案に反対する人の数は今後も増える見通しだ」と、スイス放送協会から同調査を委託された世論調査機関GfSベルンのマルティナ・ムソン氏は話し、賛成票は3割にも満たないだろうと予測する。

 同案の最大の弱点は、「ベーシック・インカムを導入しても現行の社会保障制度よりコストがかかることはなく、これが導入されることで無償労働が増える」とする支持派の論拠にあるという。

 緑の党や社会民主党の少数を除き、すべての政党は同案に反対するよう有権者に呼びかけている。

 「支持派は努力をしているが、それが実ることはない」とムソン氏は言う。
(以下略/全文はソースで)

ベーシック・インカム導入案は否決に傾くか 世論調査結果
http://jp.ibtimes.com/articles/1683026


3: 2016/05/03(火) 02:27:53.28 ID:W5A8bIYU0

スイス物価が高すぎて導入無理なんじゃねーかな?


4: 2016/05/03(火) 02:28:14.32 ID:oB8LbzKD0

導入して破綻してくれ


5: 2016/05/03(火) 02:28:48.51 ID:buu8NABt0

その分物価が上がるだけだろ

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(0) | スイス

2016年05月01日

スイスでベーシックインカム導入巡り国民投票へ、実現なら国家の負担は年間約23兆円

swis.png
1: 2016/04/30(土) 15:24:45.67 ID:CAP_USER*.net

http://www.swissinfo.ch/jpn/-/42117320
「最低生活保障」(ベーシック・インカム)の導入。これはまったくの夢物語か、それとも労働における自動化が進む社会での問題の解決か。
スイスの有権者は6月5日、この案件について投票する

(Keystone)
まもなくスイスでは、世界初となる決定が国民に委ねられる。果たして政府は、国民一人ひとりに、その収入に関係なく生涯にわたって
月々のベーシックな所得を無条件に給付していくことになるのか。「最低生活保障」(ベーシック・インカム)の導入をめぐり、賛成派は、
「資本主義が支配し、労働において自動化が進む社会が生み出す問題への解決策だ」と主張。だが、反対派にとっては非現実的で危険な夢物語だ。
 6月5日に国民投票にかけられる「無条件の最低生活保障(ベーシック・インカム)イニシアチブ」は、給与格差が拡大し続ける
現代の社会構造にまで論議が及ぶ。また、以前のイニシアチブに比べると、デジタル化によって多数の解雇者を生み出す新しい社会現象の中で提案されたイニシアチブでもある。
 賛成派は、生活に不可欠な基本的欲求を満たせるベーシック・インカムを無条件で国民全員に給付すれば、
社会福祉への依存や貧困を無くすことができるという考えだ。また、ベーシック・インカムがあれば、
国民は皆それぞれやりたい仕事に没頭でき、教育、創造性、ボランティア活動が促進されるほか、
高齢や病気の家族の世話や育児にもより多くの時間を費やせると主張する。

政党ではなく、一般市民によるイニシアチブ
 これは独立した一般市民からなるグループから生まれたアイデアだ。政党はまったく関心を示していない。
連邦議会でも右派や中道派の政治家は全員拒否の姿勢を示し、わずかな支持が左派や環境派で見られたのみ。
下院では反対157、賛成19、白票16で否決され、上院では唯一バーゼル選出のアニータ・フェッツ社会民主党議員が賛成票を投じた。
 このフェッツ議員は、「この案件は、熟考し議論する価値がある」と言う。「おそらく20年後か30年後、
仕事のデジタル化によって大規模な解雇が発生したときに具体的な解決策になるアイデアだと思う」
 それに対し、ヌーシャテル選出のレイモンド・クロットゥ国民党下院議員は「むしろ、実現不可能なアイデアだ」と反論し、
「膨大な費用がかかる」と指摘する。
 連邦憲法に明記する文案は次の通りだ。「ベーシック・インカムは、国民全員に人間らしい生活と公的生活への参加を可能にするものである」。
金額設定は立法機関に委ねられるが、賛成派は議論の基礎になる金額として、成人に月々2500フラン(約29万円)、
未成年に同625フランを想定している。
 「2012年の人口統計を基にすると、国家の負担は年間2080億フラン。国内総生産(GDP)の約35%に当たるすごい金額だ!」とは、
クロットゥ議員のコメントだ。
 イニシアチブは財源についても何も定めていない。可決された後、これを実現するための法律で決めることとしている。
賛成派は、給与天引きと社会保障の給付金からの振り替えで大半を賄うのがよいとの見解を示す。推計250億フランに上る不足分は、
国家予算の積み替えもしくは税金で補完可能だという。
 「こんな時期に、250億もの追加税収はまず得られないだろう」とクロットゥ議員は言う。発起者は付加価値税の引き上げを提案しているが、
実現すれば物価は継続的に8%上昇する。「そうなればスイスの購買力は落ち、国家経済が衰弱してしまう」
 フェッツ議員も付加価値税(消費税)の引き上げには反対だ。「だが、これは数ある提案の一つに過ぎない
。財務取引にミニ税金をかけるという意見も、ある程度支持されている。私もこれはいい案だと思う。
コンピュータに税金をかけるのもいい。労働がデジタル化していくという観点から議論が行われているのだから、財源もこの方向で探すべきだ」


2: 2016/04/30(土) 15:27:08.03 ID:wXOqF0UF0.net

隣の芝は青い。


3: 2016/04/30(土) 15:27:57.92 ID:8fU/wvW70.net

>>1
裏技で儲けるヤツが出てくる

取り締まれない

更にたくさん出てくる

破綻

やーめた

ベーシックインカムに慣れた国民は働かず


4: 2016/04/30(土) 15:28:17.63 ID:D3K9evlb0.net

難民は、どうなるの?

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(0) | スイス

2016年04月28日

スイス、6月5日にベーシック・インカム導入の国民投票 可決すると無条件で毎月29万円もらえる

swis.png
1: 2016/04/27(水) 19:03:58.75 ID:CAP_USER*.net

◆スイス、6月に国民投票 「最低生活保障」導入巡り

スイスは6月5日、すべての住人に無条件で毎月一定額を支給する「最低生活保障」(ベーシック・インカム)の導入を国民投票に諮る。
支給額は可決された後に法律で決める内容だが、提案者らは大人で月2500スイスフラン(約29万円)を提唱。
政府や経済界は猛反対しており、投票の行方が注目されている。

提案は年金や失業手当などを廃止する代わりに、無条件で大人に月2500スイスフラン、子供に625スイスフランを支給する内容。
国民投票に必要な署名を集めた提案者は左派系政党に属しているが、明確に支持する政党はない。

スイス政府は反対の姿勢を表明した。
現在の年金や失業手当を充当しても年間250億スイスフランが足りないという。
経済界は勤労意欲がそがれることを懸念する。

一方、労働組合は想定支給額が低いことに反発。「現在の社会保障給付より減ってしまう高齢者もいる。
尊厳ある生活には4千スイスフランは必要だ」(スイス労組連盟のトーマス・ジマーマン報道官)

欧州ではフィンランドやオランダの一部都市で実験や調査の機運が高まっている。
スイスでも今月、ローザンヌの市議会が実験開始へ研究を促す動議を採択した。

日本経済新聞 2016/4/27 12:19
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM26H3D_X20C16A4EAF000/


4: 2016/04/27(水) 19:05:56.74 ID:0+zlj6sq0.net

日本もやろーぜー


5: 2016/04/27(水) 19:06:16.53 ID:OF48vOFK0.net

スイスに住んでドバイで乞食やるよオレ!


6: 2016/04/27(水) 19:06:34.58 ID:9kY5r1Vv0.net

250億スイスフラン=2.86兆円

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(0) | スイス