イギリス - ザ・ワールドニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 

2017年01月19日

メイ英首相、EU単一市場からの離脱を表明

1: 2017/01/17(火) 21:41:00.82 ID:CAP_USER9

【ロンドン=上地洋実】メイ英首相は17日昼(日本時間17日夜)、英国が欧州連合(EU)から離脱する基本方針を示す演説を行った。

 「(EU)単一市場のメンバーではいられない」と述べ、移民規制を優先し、EU単一市場から完全に離脱する考えを表明した。

 演説は、ロンドンの英外務省公館「ランカスター・ハウス」で、各国大使らを招いて行われた。メイ氏は、「6か月あまり前、英国民は変化を求めて投票した」と述べた。「EUへの部分的な残留を求めない。新しく対等なパートナーシップを追求する」との考えを示した。「EUの準加盟国にならず、半分入って半分出るような関係とはしない」とも強調した。「他の国が行っているようなモデルを適用しない」とも述べ、英国独自の自由度の高い新たな貿易自由化を目指した。EUとの離脱交渉で優先する12項目と四つの原則も示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00050108-yom-int


4: 2017/01/17(火) 21:41:38.51 ID:egrU3dBr0

何が起こるんですかね(´・ω・`)


5: 2017/01/17(火) 21:41:59.92 ID:F307zfdP0

為替相場が大混乱


14: 2017/01/17(火) 21:44:10.06 ID:VriT7NpB0

>>5
織り込み済みじゃないの?

続きを読む
posted by 中島 at 18:00 | Comment(0) | イギリス

2016年12月01日

イギリスの新紙幣に動物の脂が含まれてることが判明しベジタリアンが激怒「ヴィーガンに優しくない!」

1: 2016/11/30(水) 15:29:11.16 ID:+g1mWq2H0

イギリスで9月に発行されたばかりの新5ポンド札が、窮地に立たされている。ハフィントンポストUK版などが伝えた。

新5ポンド札はプラスチック製で破れにくく、水や汚れにも強い。イングランド銀行のマーク・カーニー総裁は、カレーに新5ポンド札を浸して、その耐久性をアピールした。

ところが、Twitterのある質問をきっかけに、新5ポンド札に対する怒りが爆発している。

「ステフィ・ロックス : @イングランド銀行、新しい5ポンド札にタローが使われているって本当ですか?」

「イングランド銀行:ステフィ・ロックス、5ポンド札に使われているポリマー・ペレットに、タローが含まれています」

タローとは牛や羊などの脂肪を溶かして固形にした物質だ。ろうそくやスープなどに含まれることもある。
しかしこれを知った人たち、特にベジタリアンや宗教上の理由から動物を避けている人たちを心配する声が、ソーシャルメディアに次々と投稿された。

「新5ポンド札は、ヴィーガンに優しくない! 動物の脂でできたタローが含まれている」

「イングランド銀行が(タローが含まれていると)認めた。ヴィーガンだけじゃない、宗教上の理由でも受け入れられない人もいるだろうが…」

「5ポンド札にタローが含まれているなんて信じられない。人口の8%がベジタリアンだというのに。どうしてこうなった?」

「新5ポンド札のことで頭にきている。ヴィーガンとしてガッカリ」


一方で、なぜそんなことを気にしているのかという冷めた反応もある。

「新5ポンドはヴィーガンじゃない? だから何?」

「新5ポンドがヴィーガンじゃないらしけど、誰がそんなこと気にするの?」


それでも、新5ポンド札の真実を知った人の怒りはおさまらず、嘆願活動を始めた。タールを使わず5ポンド札をつくるべきだと訴えに、現時点ですでに8万人近くが署名している。

そんな中、怒れるヴィーガンにこんなオファーをする人も。

「動物の脂肪が含まれているから新5ポンド札が嫌いという人は、ぜひうちのポストに入れて下さい」



イギリスの新紙幣にベジタリアンが大激怒「信じられない」 なぜ?
http://www.huffingtonpost.jp/2016/11/29/anger-over-new-5-note_n_13314562.html


3: 2016/11/30(水) 15:29:58.49 ID:btBnHXcG0

ベジタリアンて金食うの?


4: 2016/11/30(水) 15:30:35.21 ID:s/CfAx590

ヴィーガンってパヨクを更にこじらせた奴らだろ?


5: 2016/11/30(水) 15:30:49.48 ID:YSQ3IRgw0

ヤギかよこいつら

続きを読む
posted by 中島 at 19:00 | Comment(0) | イギリス

2016年09月22日

英ロールス・ロイス、航空自衛隊の戦闘機F-2後継エンジンに熱視線「日英関係良好。障害はない」 積極的な情報開示も

1: 2016/09/21(水) 09:53:36.58 ID:CAP_USER9

4年に一度、一般社団法人・日本航空宇宙工業会(SJAC)が開催する国際航空宇宙展(JA)が、10月12日から15日まで東京ビッグサイト(東京・有明)で開かれる。
国内では数少ない航空宇宙関連のトレードショーで、重工各社など26カ国・地域から747社(8月31日時点)が出展する。

 一方、業界内からは隔年で開催されるフランスのパリ航空ショーや英国のファンボロー航空ショー、シンガポール航空ショーなどと比べ、
JAは国が航空宇宙産業を成長産業と位置づけている割に、日本からの発信力の低さを指摘する声が聞かれる。

 では、海外メーカーはJAをどのように捉え、日本の航空宇宙産業や防衛分野に対し、どのような関心を持っているのだろうか。
民間機や軍用機といった分野を問わず、日本市場でビジネスを進める側にとっては、JAは大きな商機とも言える。
特に、これから本格化する航空自衛隊の戦闘機F-2の後継機プロジェクトには、海外からも強い関心が寄せられている。

 来日した英ロールス・ロイス(RR)の防衛航空部門アジア太平洋地区担当シニア・ヴァイス・プレジデントのリー・ドハーティ氏に、これらを聞いた。

◆JA「防衛分野で良い機会」

 ドハーティ氏は英国空軍出身。これまでにサプライチェーン改善や、ユーロファイターの戦闘機タイフーン向けEJ200エンジンのサウジアラビアへの納入、
エアバスの輸送機A400Mの初飛行などに携わってきた。現在は日本を含むアジア太平洋地区で、各国向けの防衛航空ビジネスを率いている。

 RRが各国向けに提供しているサービスの特徴を、「運用を最大限可能にする効果的かつ効率的な保守サービスを提供している。
どの国でも出来るだけコストダウンしたいので、投資から最大限の効果を得られるようにしている」と説明する。

 自衛隊機用ターボプロップエンジンでは、哨戒機P-3Cと輸送機C-130、早期警戒機E-2Cが搭載するT56(旧アリソンが開発)、
救難飛行艇US-2が採用したAE2100J(同)、練習機T-5とT-7が搭載するM250などがある。
また、陸上自衛隊が導入する垂直離着陸輸送機V-22「オスプレイ」も、RR製AE1107C(T406)を採用している。

 空自が導入する戦闘機F-35についても「リフトファンをRRが供給している」と話すドハーティ氏は、
「日本ではIHIや三菱重工業、川崎重工業、富士重工業と共同作業を行っており、技術改善を図っている」と、自衛隊や日本企業との関係の深さを強調する。

 ドハーティ氏は「V-22は非常に重要なプログラム。輸出先として日本が最初に選ばれた。
MRO(整備・改修・オーバーホール)とサポートのソリューション提供は川重と協力していく」と、最近の事例を挙げた。

◆F-2後継機「ツールセット開示できる」

 では、RRが今回のJAに関心を寄せる理由は何だろうか。
前述のように、防衛省関係者や航空機産業に携わる企業との交流ももちろんだが、国産戦闘機F-2の後継機開発が視野に入る。

 F-2は2000年から部隊配備が始まり、2030年代には退役が始まる見通し。
エンジンはベースとなったF-16と同じ米GE製F110をIHIがライセンス生産したものを採用している。
後継機は先進技術実証機X-2などを用いて開発するステルス技術を採り入れて開発される見込みで、RRはこの後継機のエンジンに関心を寄せている。

 「国際的な入札になり、RRにもさまざまな機会があると考えている。我々は入札に参加するに値する資格やスキルセット、
能力を有しており、日本でも長い歴史がある。日本の重工各社とも活動してきた」と語るドハーティ氏は、「我々のツールセットを開示できる。
エンジン開発にあたり、どうやって設計しているかも示せる」と、情報開示に積極的な姿勢を示した。

 一方で、日米同盟を背景に自衛隊の装備品は、米国製が優位な状況が続いている。
ドハーティ氏は、「日米の同盟関係は承知しているが、日英関係も良好だ。障害は特にないと感じている」と語った。

 自衛隊発足後、日本の戦闘機は米国製エンジンが代々採用されてきた。機体が米国製やそのライセンス生産であるなどに加え、
日米同盟や貿易摩擦によるところも大きかった。企業のグローバル化が進んだ今、
国産となるF-2後継機のプロジェクトに、RRをはじめとする欧州勢は、これまで以上に熱視線を送っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00000001-awire-bus_all


4: 2016/09/21(水) 09:55:26.75 ID:TysSek3X0

今度はオールジャパンだからごめんね(´・ω・`)


9: 2016/09/21(水) 09:57:34.40 ID:lQVcmI0c0

日本に擦り寄ってきたのは英のEU離脱も関係してるんかね?


11: 2016/09/21(水) 09:57:52.45 ID:iSQ9qkx40

落ち目が寄ってくんな
シナにでも卸しとけよ

続きを読む
posted by 中島 at 20:00 | Comment(0) | イギリス

2016年09月17日

大英帝国終了のお知らせ……中国マネーに逆らえず、国内原発事業を中国におまかせ

1: 2016/09/15(木) 20:49:58.68 ID:c6R8rOzF0● BE:725951203-PLT(26252) ポイント特典

時事通信
----------
中国出資の原発計画了承=猛反発受け、関係悪化懸念−英政府

 【ロンドン時事】英政府は15日、中国企業が一部出資する英南西部ヒンク
リー・ポイント原発の建設計画を了承すると発表した。7月に発足したメイ新
政権は、最終承認を突如保留。中国の関与に対する安全保障上の懸念があった
とされるが、英中外交関係が悪化する恐れがあり、予定通り計画を認めざるを
得ないと判断したようだ。
 英国で約20年ぶりとなる原発建設計画の総事業費は約180億ポンド(約
2兆4000億円)。フランス電力公社(EDF)が主導し、中国企業が3割
強を出資する。親中派のキャメロン前首相が中国の関与を容認し、両国の蜜月
を象徴する重要プロジェクトと見られてきた。
 一方で、メイ氏は中国企業の参画に反対だったとされる。前政権との違いを
打ち出す狙いで、契約前日になって計画に「待った」をかけた。
 だが仏中は猛反発し、特に中国では対英投資の縮小や引き揚げを示唆するな
ど、批判が噴出。欧州連合(EU)離脱後の自由貿易協定(FTA)交渉への
影響も不安視されていた。
----------
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016091500848


2: 2016/09/15(木) 20:50:44.77 ID:IidRGKL40

中国に頼むぐらいならEU抜けるなよ
北欧じゃダメなん?


3: 2016/09/15(木) 20:51:15.64 ID:40VcYhsX0

大英帝国落ちぶれすぎだろ…


4: 2016/09/15(木) 20:52:06.78 ID:frJXeN9n0

安全保障よりお金が大切とか
EU離脱大失敗やん

続きを読む
posted by 中島 at 10:00 | Comment(0) | イギリス

2016年09月06日

日本の「警告」、大きく報道=EU離脱めぐる要望書−英メディア (時事通信)

unionjack001.jpg
1: 2016/09/06(火) 09:21:20.94 ID:CAP_USER9

 【ロンドン時事】英主要メディアは5日、英国の欧州連合(EU)離脱決定をめぐり、日系企業に関税や通関手続きなど新たな負担がかからないよう求めた日本政府の要望書について、「日本が警告の砲弾を放った」(BBC放送)などと大きく報じた。

 英国とEUに宛てた要望書は「離脱でEU法が適用されなくなれば、英国に(欧州)本社機能を持つ企業は大陸欧州に移転する可能性がある」と強調し、労働者の移動の自由や無関税の貿易などの維持が必要と指摘。
英国には、多くの日本企業が英政府の誘致に応じる形で投資を行ってきた事情に配慮した「責任ある対応」を求めている。

 ガーディアン紙は、要望書が「メイ首相のチームに大きな困難をもたらした」と報道。他のEU非加盟国から同様の要望が相次ぎ、離脱交渉の手足が縛られることを、英首相官邸が恐れていると論じた。

 反EUを売り物にする大衆紙デーリー・エクスプレスは「破滅の恐怖をあおる日本、離脱後の英国の混乱を警告」と扇情的な見出しを掲げた。
同紙電子版には「日本製品はボイコットだ」「英国から出て行け」「脅しには屈しない」などと反日感情をむき出しにした読者のコメントが相次いだ。(2016/09/06-06:01)

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
引用元:時事ドットコム http://www.jiji.com/jc/article?k=2016090600036


2: 2016/09/06(火) 09:22:15.32 ID:i9d2Erwo0

エゲレスから撤退だー


4: 2016/09/06(火) 09:23:12.15 ID:j8VilPqj0

ほんで
ユーロさげてんの?


5: 2016/09/06(火) 09:23:12.98 ID:A5idPnDi0

なんつーかイギリス人アホだな

続きを読む
posted by 中島 at 18:00 | Comment(0) | イギリス

2016年09月04日

イギリスとフランスがドーバー海峡で難民の押し付け合い

1: 2016/09/03(土) 07:43:40.80 ID:2CxJwUKy0 BE:306759112-BRZ(11000) ポイント特典

<ドーバー海峡を挟んだ英仏間で、難民をめぐる醜い争いが始まった。
フランス側の町カレーが難民のイギリス流入を食い止めている現状に、フランスから不満の声が上がっているのだ。
これに対しイギリスは、難民の負担が増えるならフランスとの対テロ協力を減らすと脅しをかけるが> 
(2017年の仏大統領選出馬を表明しているニコラ・サルコジ元大統領も難民論争に参戦)

 難民の扱いをめぐり新たな論争が起こっている。舞台は英仏の間のドーバー海峡。
イギリスを目指して中東やアフリカからフランス側の都市カレーにたどり着く難民を、イギリスが受け入れずにフランスに押し付けているという不満が表面化し始めた。

事実上の流入規制

 英仏間の国境管理に関するル・トゥケ協定では、イギリスに難民申請をするにはイギリスに入国していることが条件とされている。
カレーには英当局職員が滞在して難民のパスポートチェックはしているが、
イギリスへの入国が却下されれば、その時点でイギリスへの難民申請は不可能になる。
難民たちはフランスに難民申請するか、ドーバー海峡トンネルに向かう車や電車に飛び乗って違法入国を図ることになる。それで命を落とした難民もいる。

 着の身着のまま逃れてきてパスポートなど持たない難民を、事実上フランスに押しつける協定だとして、
カレーでもイギリスへの難民申請を受け付けるか、イギリスを目指す難民については自国で難民申請を受け付けるよう修正すべきだという声が相次いだ。

 カレーを管轄下に置く自治体のトップは言う。
「カレーに到着した難民でイギリスを目指す者は、カレーで難民申請をできるようにするべきだ。それで申請が却下されれば、フランスは彼らを出身国へ送り返すことができる」




英仏がドーバー海峡で難民の押し付け合い
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/08/post-5748.php


2: 2016/09/03(土) 07:44:06.85 ID:2CxJwUKy0

 2017年の大統領選出馬を表明しているニコラ・サルコジ元大統領も最近の演説で
「イギリスは国内に窓口を作って自国の難民は自国で面倒を見ることを要求する」と主張した。

 だがそれはフランスのためにならないと、元駐仏大使のピーター・リケッツは言う。
そんな可能性が少しでも出てくれば、イギリス行きに命を懸ける難民たちが何千人もカレーに押し寄せるからだ。

 イギリスの難民流入に歯止めをかける決まりを変更しようというなら、フランスとの対テロ協力を見直す、と脅す声もある。
8月29日付けの英タイムズ紙に英政府高官が語った。
「フランスはニースのテロ事件後、イギリスの軍事協力や情報提供に依存している。フランスがその変更を望んでいるとは思えない」

 英内相のアンバー・ラッドは近々、パリでフランス内相のベルナール・カズヌーブとの会談を予定している。
難民問題についても話し合われる見込みだ。

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(0) | イギリス