ザ・ワールドニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 

2016年02月29日

「屍姦」と「近親相姦」の合法化 スウェーデン自由党青年団の活動に賛否

1: 2016/02/27(土) 20:04:23.62 ID:CAP_USER*.net

スウェーデン自由党の青年団が、あまりにも“自由”すぎる目的を合法化するために活動を始めて話題を呼んでいる。
彼らは屍姦と近親相姦を合法化しようというのだ。

英紙デイリー・メールによると、青少年委員長であるセシリア・ヨーンソン女史は「普通でないことと嫌悪感は、その種の性的行為が不法であることを意味しない」と主張。
その結果、15歳以上の兄弟姉妹で双方の同意がある場合の性行為と、死ぬ前に作られた同意書がある場合の屍姦を合法にするべきだという投票が、先週末の年次総会で行われたという。

しかしこうした運動はすぐさま母体である自由党の大人たちによって手厳しく批判されることに。
元議員のカール・ハミルトン氏は「バカ。自分たちの提唱する自由が人に笑われていることに気がつかなければならない。
カバとでもセックスするようになるぞ」とコメント。
自由党の広報も彼らをサポートしないことを表明した。

ネットでは「何でもあり、という考え方は文明社会の癌だ」「これは始まりにすぎない」「スウェーデンは大きな実験場なんだよ」「ひょっとしたら10年後には許可されているかもしれないな」と様々な意見が寄せられているようだ。

http://www.narinari.com/Nd/20160236344.html


4: 2016/02/27(土) 20:06:41.76 ID:40GRdvRF0.net

スウェーデンって寒過ぎる


6: 2016/02/27(土) 20:07:29.16 ID:iHch7/ZG0.net

「屍姦」コレの需要がスウェーデンには存在するのか?


7: 2016/02/27(土) 20:07:35.66 ID:Ht7yV7Mx0.net

>カバとでもセックスするようになるぞ」とコメント。

カバ「…」
サイ「気にすんな」

続きを読む
posted by 中島 at 21:00 | Comment(1) | スウェーデン

天才物理学者アインシュタインの最終予言「第四次世界大戦後、人類はバケモノに…」

1: 2016/02/28(日) 17:07:44.39 ID:CAP_USER*.net

アインシュタインが1916年に発表した時空・空間に関する理論、「一般相対性理論」でこれまで予言した以下の項目はすべて直接検証された。

・重力レンズ効果
・重力による赤方偏移
・水星の近日点移動
・時間の遅れ

ただ、「重力波」は直接検証されなかったため、「アインシュタイン最後の宿題」ともいわれていたのである。しかし、やっと「重力波」の存在が証明された。アインシュタインの予言は、発表から奇しくも100年後に成就したのである。

しかし、この「重力波」以外に、アインシュタインが人類に残した恐るべき終末予言をご存知であろうか?

■アインシュタインの恐るべき終末予言

アインシュタインの恐るべき終末予言は、イスラエルの聖都エルサレムにある「写本館」にひっそりと収められているという。この「写本館」には、「死海文書」などの古代の預言や聖書の古い写しなどを収められている。そして、ユダヤ出身の偉人たちの原稿なども収められているのだ。ここに、ユダヤ人である「アインシュタインの恐るべき予言」が展示されているそうだ。アインシュタインは、ユダヤが生んだ20世紀最高の科学者だ。だからこそ、彼の言葉は人類にとって重要な意味を持つと言える。

アインシュタインの恐るべき予言はこうだ。

「第三次世界大戦がどのように戦うのか私にはわからない。だが、第四次世界大戦では、人類が石とこん棒で戦うであろう」

この文章をそのまま読めば、「第三次世界大戦で世界が荒廃したため、石とこん棒ぐらいしか武器がないのかな……?」と感じるだろう。

だが、天才アインシュタインは、一般相対性理論のアインシュタイン方程式のように、時間と空間と宇宙の謎をたった一行の数式で証明したのである。この予言はもっと深読みする必要がある。

アインシュタインは、「第三次世界大戦」と「第四次世界対戦」が起こることを前提に書いている。つまり、人類はこれから「世界大戦」に必ず見舞われるのだ。

「第三次世界大戦」においては、何らかの最先端の武器を使って激しい戦闘が行われる。それは、文明を滅ぼし地球を荒廃されるほどの激しい戦いとなるのであろう。

しかしその後、人類は不思議なことに戦後復興に力を入れず、石とこん棒という原始的な方法で「第四次世界大戦」に突入してしまうというのは……。

「第三次世界大戦」によってほとんどの人類は死に絶える。かろうじて生き残った人類も撒き散らされた放射能や毒物に侵されて化物のような姿になるのである。おそらく人類は、すさまじい戦争のため精神も肉体も蝕まれ、文明を立て直す以前の問題になっているのだろう。

人類は延々と、髪を振り乱し、目を血走らせて、こん棒と石で殺し合いを続ける。人類は最後、発狂した化物になり、互いに殺し合って滅亡するという最悪のシナリオが読み取れる……。

「神はサイコロを振らない」

アインシュタインは、この言葉通り、全ての物事には規則性があり、法則通りに動くと信じていた。100年前に「重力波」を予言していた天才アインシュタインは、すでに人類が恐ろしい法則に則って滅亡する未来を読み解いていたのであろう。(文=白神じゅりこ)

http://tocana.jp/2016/02/post_8979_entry.html


2: 2016/02/28(日) 17:09:07.25 ID:a6x4jYuH0.net

地球崩壊してもいいよ


6: 2016/02/28(日) 17:10:26.85 ID:lwd5lXQz0.net

ムーでやれ


7: 2016/02/28(日) 17:10:38.94 ID:D1VC/rCi0.net

放射能の半減期考えれば増えることはあっても減ることはないと言っても過言ではないからな

続きを読む
posted by 中島 at 13:00 | Comment(0) | 世界

日本での象の飼育環境を見た外国の人達が激怒 「日本人酷すぎるだろ!!!!」

1: 2016/02/27(土) 20:40:30.62 ID:p1q5zzk/0.net BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典

26日放送の「ドキュメント72時間」(NHK総合)で、とある外国人男性が、動物園の檻に入れられた高齢の象・はな子の暮らしぶりを嘆いた。

番組では「真冬の東京 その名は“はな子”」と題して、井の頭自然文化園で飼育される日本最高齢の象、はな子の檻に訪れる人々の様子を3日間、密着取材した。

はな子は、戦後間もなくタイから日本に運ばれ、現在は69歳で日本最高齢だ。
取材では、はな子が、老若男女に親しまれる様子や、飼育員が手厚く世話する様子を取り上げた。
そんな中、とある外国人男性が、檻で過ごすはな子を見に訪れた。

外国人男性は、はな子のコンクリートの檻を前にして「びっくりした」と語ると「こんな部屋に60年以上は、かわいそうな動物だと思いますね」と、複雑な表情で語った。
この男性は、カナダ在住のライターなのだという。

実は現在、海外のネット上では、はな子がかわいそうだと非難の声が上がっているのだそう。
取材スタッフが外国人男性に「日本では(多くの人が)思い入れを持って通っているんですが」と、意見を求めると、
男性は「こういう状態の動物だったら、良い思い出はできないかもしれないですね」と感想を述べた。

男性は「自然の所、ジャングルとか、そういう所に引退して『お疲れ様、はな子さん。ゆっくりしてください』だと思いますね」と持論を語ると、はな子の檻を後にした。

日本最高齢の象「はな子」 外国人観光客が檻の中での飼育を批判
http://news.livedoor.com/article/detail/11230433/


2: 2016/02/27(土) 20:41:07.83 ID:reFQlM5U0.net

てめえらが広い土地買って保護しろ


4: 2016/02/27(土) 20:43:00.28 ID:PFOYGEGG0.net

大分の鉄輪山地獄の象がストレスでおかしいわ


5: 2016/02/27(土) 20:43:25.28 ID:XtMt+j3J0.net

お前らは象より黒人を大事にしろ

続きを読む
posted by 中島 at 11:00 | Comment(1) | 世界

G20、中国人民元ではなく日本の円と日銀のサプライズ的な金融政策が懸念材料と指摘される

1: 2016/02/27(土) 23:26:11.33 ID:CAP_USER.net

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O37DJA6KLVR401.html


    (ブルームバーグ):上海の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では
中国の人民元が主要議題の1つになると予想されていた。
しかし、主要国の一部の当局者から懸念材料として指摘されたのは、日本の円と金融政策だった。
ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のデイセルブルム議長は27日に上海で記者団に対し、
「正直に言って、日本についても討議された。競争的な通貨切り下げの状況に陥るのではないかとの多少の懸念があった」
と発言。「他が追随し、競争的な切り下げとなるリスクは非常に大きい」と述べた。
同議長のコメントは、円を対ドルで押し下げて債券利回りを歴史的な低水準に引き下げた日銀による前例のない
金融刺激策に対する懸念の高まりを示唆するものだ。日銀が先月、マイナス金利導入の決定を発表したことで、
市場は不意を突かれ、通貨のボラティリティ(変動性)が高まった。
日銀の黒田東彦総裁は27日に記者団に対し、G20では日銀のマイナス金利政策への反対はなく、
他の参加国・地域の理解を得たと語った。日本の財務省当局者の1人は26日に記者団に
、G20での黒田総裁の説明に対し、他の国々からの質問は一切なかったと話した。
デイセルブルム議長は通貨安が真に国内のマクロ経済的理由を動機とした金融政策の結果なら、
各国はサプライズを招かぬよう、確実に連絡して相互に相談する必要があると述べた。

協議が非公開であることを理由に匿名を条件に語ったG20当局者の1人は、参加国・地域はおおむね中国が自国通貨を
押し下げ始めることはないとの確証を得たと言明した。中国の当局者は人民元が長期にわたり下落する根拠はないと繰り返し表明している。
日銀は欧州中央銀行(ECB)やスイス国立銀行などに続く形でマイナス金利導入に踏み切った。

黒田総裁は26日、G20出席に先立って日本の国会で、マイナス金利政策が外国為替相場をターゲットにしたものではないと明言していた。


2: 2016/02/27(土) 23:29:19.07 ID:JJgBrTK3.net

中国は脅してもいうことを聞かないけど
日本はホイホイいうことを聞くからな
意味のないことを議題にしても仕方ないんだろ


3: 2016/02/27(土) 23:30:18.92 ID:CAKjzS2+.net

中国こけるとドイツ筆頭にこける国が多いからなw


7: 2016/02/27(土) 23:33:16.15 ID:rK5m2UJo.net

傲慢な欧米

続きを読む
posted by 中島 at 09:00 | Comment(0) | 世界

2016年02月28日

【大統領選】トランプ氏、日本に米軍駐留経費の負担増を求める 「日本にもっと金を払わせたい」

trump.jpg
1: 2016/02/27(土) 14:02:33.22 ID:CAP_USER*.net

http://www.yomiuri.co.jp/world/20160227-OYT1T50040.html

【ワシントン=今井隆、ロサンゼルス=田原徳容】テキサス州で25日開かれた米大統領選の共和党指名候補争いを
巡る第10回テレビ討論会では、首位の不動産王ドナルド・トランプ氏(69)がライバルから集中砲火を浴びた。

 米紙ワシントン・ポストなどのメディアも激しい批判を始めたが、序盤戦最大のヤマ場、3月1日の「スーパーチューズデー」
でトランプ氏の優位は変わらず、「攻撃開始が遅すぎた」(ウォール・ストリート・ジャーナル紙)との分析も少なくない。

 討論会でトランプ氏は「日本、韓国などを守ることなどできない」として、米軍駐留経費の負担増を求めると主張。
マルコ・ルビオ上院議員(44)が、日本も一部負担していると説明し、
「米国がいなくなれば日韓は核兵器保有国になるだろう」と疑問を投げかけると、
トランプ氏は「いなくなるなんて言っていない。(日本などに)もっと金を払わせたいんだ」と語気を強めた。


4: 2016/02/27(土) 14:04:02.61 ID:SHZ/8ghr0.net

何もしない役立たずのアメリカとの同盟なんかまだ要るのかってとこまで来てるな


6: 2016/02/27(土) 14:04:47.17 ID:Yo2v7WeP0.net

トランプが大統領就任
日米同盟崩壊
日本は世界で孤立している


7: 2016/02/27(土) 14:05:03.07 ID:C69t6c2G0.net

サンダースさんの方が好き

続きを読む
posted by 中島 at 09:00 | Comment(2) | アメリカ

2016年02月27日

「犯された方が悪い」 レイプされた女性4人が姦通罪で石打ち死刑に イスラム国支配地域、恐怖の掟と処刑法

1: 2016/02/25(木) 20:38:53.60 ID:CAP_USER*.net

「イスラム法に則った国家の樹立」の名のもとに残虐行為を繰り広げる「イスラム国」(以下、IS)。
殺人、奪略・破壊行為、誘拐など、その蛮行は数えきれないほどだが、特に女性に対する行為は目に余るものがある。

そんな中、「既婚女性4人が裁判にかけられる」という情報がイラク・モースルの街を駆け巡った。
この地はイスラム国の支配地域・牙城であるとされるだけに、女性が裁かれるのには何か事件の香りがするが、
やはり今回もISによる残虐行為が行われたようだ。

■レイプされ逮捕、挙句の果てに死刑

シリアの独立系メディア「Ara News」によると、既婚女性4人がISの兵士によって逮捕されたという。
罪状は「不貞行為」。イスラム教は既婚女性の不貞行為を厳しく罰し、地域によっては死罪となることもあるが、
今回の既婚女性4人は事情が大分異なる。
実はこの4人の女性、婚姻関係外の男性と意図的に関係をもったのわけはないのだ。

ではなぜ、姦通罪で法廷に引きずりだされたのか、結論から言ってしまうと、彼女たちはISの兵士にレイプされたのである。
この4人は兵士にレイプされた被害者であるにもかかわらず、男たちは強姦の罪は裁かれずに彼女たちだけが既婚を理由に姦通罪で逮捕されたのだ。

彼女たちは本来、レイプの被害を訴える権利があるが、ISはそんな訴えに一切耳を貸さずに逮捕し、裁判に引きずり出した。
そしてシャリーアと呼ばれるイスラム法を根拠に出された判決は、「石打ち刑による死刑判決」であった。

彼女たちに非はない。
しかしISが下した結論は、「レイプだろうがなんだろうが、男と関係をもってしまったからには極刑に処す」ということなのだ。
もっと言ってしまえば、「犯された方が悪い」と解釈してもいいだろう。
そして、別の見方をすれば、「女たちを消すことで事件をなかったことにする」という意味合いも考えられる。
男たちは無罪放免である。

とにかく、ISの基準では女性がすべて悪い、と断罪されるのだ。

■残酷で悪名高い石打ち刑

この4人の女性たちはその後、民衆の前で公開石打ち刑による死刑に処された。
石打ち刑は数ある死刑方法の中でもとりわけ残酷なことで知られている。
その歴史は古く、キリスト教の聖書ではあのマグダラのマリアがこの石打ち刑で殺されかけたシーンは有名だ。

石打ち刑はまず、下半身を掘られた地に埋め、上半身だけを地上に露出させる。
それから岩と言った方が近いような大きな石を大勢で、主に頭を目がけて思い切り投げつけるのだ。
当然のことながら、激しい痛みに襲われる。
大体が即死せず、痛みに苦しみながら時間をかけてじわじわと殺されていく。

レイプという女性の尊厳を踏みにじる行為をされた上に、
石打ち刑という残虐な方法で殺されたこの4人の女性たちの苦しみと悔しさは計り知れないだろう。
これがISの支配地域に住む女性の現状なのだ。

昨年、イラクのヤジディ教徒の女性がイスラム国兵士に捕われ、性奴隷として売られた手記を発表して話題になったが、
今現在でも多くの女性が性奴隷として売買されているという。
ISの勢力が拡大していけば、それと比例して女性が地獄に突き落とされていくことは間違いないだろう。

http://tocana.jp/2016/02/post_8970_entry.html
http://tocana.jp/2016/02/post_8970_entry_2.html


2: 2016/02/25(木) 20:39:18.94 ID:Zs6vs/EC0.net

まじか?


4: 2016/02/25(木) 20:39:51.41 ID:1+RgCUet0.net

こわっ


6: 2016/02/25(木) 20:40:12.18 ID:4Fc6KrOB0.net

おかしい

続きを読む
posted by 中島 at 17:00 | Comment(0) | ISIS