ザ・ワールドニュース速報

Powered By 画RSS    相互リンク、RSS募集中です。詳しくはサイト右上Aboutをご覧ください。 

2015年11月30日

【米国】富裕層だけがますます繁栄…もはや真面目な努力が報われない国に

america001.jpg
1: 2015/11/29(日) 15:38:22.70 ID:CAP_USER.net

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45328

ある日の正午、清掃員のマリア(仮名)は、仕事先の政府機関での作業を終え、帰宅しようとしていたところ、突然現れた副所長に呼び止められた。
「マリアさん、ちょっと話があるので一緒に来てくれませんか」
?副所長のような偉い人が私にいったいどんな用事があるのだろう。何か悪い知らせか、もしかしてクビを言い渡される・・・?
?不安な思いにとらわれたが、考えてみれば彼女はこの政府機関の職員ではなく、清掃業者から派遣されている「外部の人」にすぎない。
副所長から解雇されるいわれはない。

待ち受けていたサプライズ
?わけの分からないまま連れて行かれたのは大きな会議室。勢いよくドアを開け放った副所長に続いたマリアは、
割れんばかりの拍手と「アメリカ国籍、おめでとう!」という大合唱に目を丸くした。
?37歳のマリアは中米のエルサルバドル出身。10年前にアメリカに移り住んで以来、夫と共稼ぎをしながら2人の
子供を育ててきた。主に清掃の仕事をしてきたためか英語はあまり上達せず、会話は今でもたどたどしいが、
明るく元気な女性だ。今年、一念発起して米国市民権のテストに挑んだところ見事に合格。米国民としての宣誓式を前の週に終えたばかりだった。
マリアの仕事先は、博士号を持つ研究者や高位の官僚・軍人などが働く政府系の研究機関である。
副所長はオフィスを掃除しにきたマリアとの会話から米国籍取得のことを知り、職場をあげての祝賀会を企画したのだった。

?数十人の職員が野菜スティック、チーズ、ポテトチップスといった軽食を持ち寄り、にぎやかなパーティーが始まった。
もちろん特大のケーキも用意されていた。
「アメリカ人になってくれてありがとう」
?これは筆者の知人の勤め先での出来事である。
「外部」の清掃員のために「正職員」が手間ひまかけて祝賀会を催すという“垣根”の低さは、いかにもアメリカらしい。
だが、マリアの米国籍取得は、職場総出でサプライズパーティーを仕掛けるほどの出来事なのだろうか。
?祝賀会は、日本の官庁の局長級にあたる所長のスピーチから始まった。
「マリアさん、おめでとう。今日からあなたは私たちのボスの1人です」
?米国の主権者たるマリアと自分たちの関係を、ユーモラスなひとことで言い表してみせた所長。だが次の言葉は、
マリアにとって、もっと意外だったかもしれない。
「私たちは、あなたがアメリカ人になりたいという考えを持ち、アメリカを選んでくれたことに感謝を申し上げます。ありがとう」
?1人のエルサルバドル人がアメリカ人になってくれたことへの喜びを、素直な言葉で語った所長。
新しい友達ができた子供のような無邪気な心の弾みを感じる。
?アメリカ人には、この国が自由と平等、そして「真面目に努力すれば誰もが豊かになれる」という夢によって
成り立っているという強い意識がある。そうしたアメリカの理想に共鳴する人はいつでも大歓迎ということなのだろう。

本当は「働いても報われない」国
?ところが近年、アメリカの理想は大きな曲がり角を迎えている。真面目に努力しても報われない人たちが激増しているのだ。
?ここ数年のアメリカ経済がゆるやかな回復を見せるなか、流れから取り残されている人たちがいる。
?FRB(連邦準備制度理事会)が3年に1回まとめる統計によれば、景気が上向きになった2010年から2013年の間に、
上位10%のアメリカ人が所得を10%伸ばした。一方、中産階級以下の各層の所得(中央値)は軒並み下落した。
つまりアメリカ人の90%は、この期間に経済回復の恩恵にあずかることができず、相対的に貧しくなったといえる。
?富裕層による富の占有は世界的な傾向だが、他の主要国と比べてアメリカはどうなのか。
?大統領に経済政策についての助言を行う大統領経済諮問委員会が調査したところ、
アメリカでは上位1%の富裕層が個人所得の総額の約20%を占めていた(下の図)。
?各国とも1980年頃までは、上位1%が総個人所得の7〜8%を占めるにとどまっていた。
所得格差が比較的ゆるやかで、国民全体が富を分かち合う時代だったといっていい。
だが、その後アメリカでは富裕層による占有が急速に進む。後を追うイギリスやカナダと比べても、所得格差の拡大ぶりは顕著だ。


2: 2015/11/29(日) 15:38:28.85 ID:CAP_USER.net

所得格差よりも深刻な資産格差
?真面目に働けば豊かになれるアメリカはもはや過去のものなのか──。そんな嘆きが聞こえてきそうだが、
実は「所得」格差よりも深刻といわれている格差がある。
?今年、ニュース解説メディア「VOX」が、預貯金・証券・不動産といった「個人資産」をめぐる格差についてのビデオを制作した。
それによれば個人資産額で上位1%の富裕層は、アメリカの個人資産の総額の40%を保有しているという。
先ほど紹介した、上位1%が「個人所得の20%を占め」ていることと比べ、2倍の占有率だ。
?こうした資産の偏りを象徴する一例が、世界最大のスーパーマーケットチェーン、ウォルマートだ。
?同社の社員と経営者の所得格差は1133倍にのぼる。具体的には、社員の賃金の中央値2万2591ドル(約290万円)に
対してCEOは2559万ドルあまり(約33億円)の報酬を受け取っている。この所得格差だけでもかなりのものだが、
経営者の財布に使い切れないお金が貯まれば、格差はもっと大きくなる。
?1992年に死去したウォルマートの創業者サム・ウォルトンの6人の子供たちは、父から多額の遺産を受け継ぎ、
現在では合わせて1486億ドル(約18兆円)の資産を保有している。この額は、資産額下位のアメリカ人1億2556万人の資産額の合計を上回るという。
?こうした巨額の資産は巧みな運用によって雪だるま式に増えていく。格差を広げるだけでなく、
富裕層にとって都合のよい社会作りのために使われることもあり、深刻な問題とされている。

格差問題は政治地図を塗り替えるか
?ニューヨーク・タイムズ紙(2015年10月10日発行)は、来年の大統領選挙を目指す各候補者が初期に集めた
選挙資金のうち、およそ半分が158家族の富裕層と、彼らが影響力をもつ企業から寄付されたものだったことを
明らかにした。その額は1億7600万ドル(約210億円)。資金の90%は、富裕層に有利な政策を掲げる共和党の候補者に集中した。
?こうしたお金持ちによる政治支配に抵抗してか、中産階級、中でも比較的所得の低い共和党支持者は
「正統な政治家」に背を向け、政治経験のないドナルド・トランプ候補への支持に大きく傾いた。
彼らにとって、トランプ氏が掲げる低所得者の減税と富裕層の増税は甘い歌声なのだろう。

?一方で民主党支持者の間でも、これまで主流と目されていた政治家たちを尻目に、
最低賃金の大幅な引き上げなど過激な格差是正策を打ち出すバーニー・サンダース候補の人気が上昇している。
サンダース氏は、富裕層への増税や社会福祉の充実など、これまでにない平等なアメリカ社会づくりを訴え、
候補者指名レースのトップを走るヒラリー・クリントン氏に迫っている。
?このように共和党支持者と民主党支持者の方向性が重なることはたいへん珍しく、じり貧状態にある中産階級の苛立ちを浮き彫りにしている。
?だが人びとは、成功者の利益を薄く広く「再分配」する北欧型の社会を本気で望んでいるのだろうか。
真面目に働き、豊かさを自分の手で掴み取るアメリカの理想は、もうあきらめるつもりなのだろうか。

1枚の旗に込められた信念
?話をマリアの祝賀会に戻す。
?パーティーの最後に、彼女の米国籍取得を祝う記念品が贈呈された。それは連邦議会議事堂の屋根ではためいていた
大きな星条旗だった。定期的に交換される旗を、所長が政府内のコネを駆使して入手してきたものだった。
?強いスペイン語なまりで「サンキューベリーマッチ」を繰り返しながら、マリアが抱きしめた星条旗。
アメリカ人が1人の移民を仲間に迎え入れるときの喜びと敬意を、これほどまでに表す記念品はないのではないか。
?研究所の職員は公務員だから民間人ほどには景気に左右されにくく、将来について楽観的でいられるという側面はある。
それでも今回のエピソードからは、市井に暮らすアメリカ人が理想を信じ、共有する力のようなものを感じた。
?今後の大統領選レースでは、テロ対策など安全保障の問題が大きくクローズアップされるだろう。
その一方で、中産階級の浮沈がかかった格差問題にも徐々に光が当たるようになるはずだ。
?アメリカンドリームの今後を注視していきたい。

続きを読む
posted by 中島 at 20:49 | Comment(1) | アメリカ

【謝るまで止めない】ロシアのトルコ経済制裁、謝罪するまで圧力続行へ

Flag_of_Russia_svg.png
1: 2015/11/30(月) 01:20:57.54 ID:JWef92CU0●.net BE:488538759-PLT(13500) ポイント特典

sssp://img.2ch.sc/ico/button1_01.gif
 【モスクワ真野森作、エルサレム大治朋子】トルコ軍による24日のロシア軍機撃墜事件は、ロシア政府によるトルコへの経済制裁に発展した。
プーチン露大統領が28日署名した制裁導入の大統領令により、トルコにとって重要な観光産業や農水産業は深刻な影響を受けるとみられる。
制裁発表に先立ち、トルコのエルドアン大統領は28日、国内演説で撃墜事件が「起きなければ良かった」と言及していた。
AP通信は事件後初めて「遺憾の念」を表明したと伝えたが、ロシア側は正式な謝罪や賠償があるまで圧力をかけ続ける構えだ。
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6182494


2: 2015/11/30(月) 01:21:21.53 ID:JWef92CU0.net

子供のケンカか


4: 2015/11/30(月) 01:22:35.05 ID:T7u6ospz0.net

>>2
喧嘩に子供も大人もないってこった


3: 2015/11/30(月) 01:22:31.66 ID:U3wxtfDn0.net

登場人物全員クズ

続きを読む
posted by 中島 at 20:41 | Comment(0) | ロシア

ロシア、トルコに経済制裁 企業関係者ら26人拘束

1: 2015/11/29(日) 23:31:06.59 ID:CAP_USER*.net

朝日新聞デジタル 11月29日(日)22時53分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151129-00000048-asahi-int
 ロシア軍機がトルコの戦闘機に撃墜された問題で、ロシアのプーチン大統領は28日、
トルコ産品の輸入制限などを盛り込んだ大統領令に署名した。事実上の経済制裁だ。
トルコ紙によると、ロシア国内に出張中のトルコ人企業関係者ら26人が拘束されるなど、
すでに締め付けが強まっている。トルコのダウトオール首相は29日、制裁を「受け入れられない」とはねつけた。

 ロシア大統領府によると、大統領令の目的は「安全保障と国民の保護」。
過激派組織「イスラム国」(IS)についてプーチン氏が「トルコに石油を輸送している」と指摘するなど、
ISとトルコが連携しているとの疑念が背景にあるとみられる。

 トルコ産品の輸入禁止や制限のほか、トルコ企業の国内での活動の制限、
来年1月からのトルコ人労働者の新規雇用の禁止やビザなし渡航の停止が含まれた。


4: 2015/11/29(日) 23:33:23.42 ID:gVO3w8NV0.net

拘束合戦かよ


6: 2015/11/29(日) 23:34:10.77 ID:PfS8sGZh0.net

トルコに非があるからと民間人を拘束する時点で特亜と同じく
腐った国家だなと改めて認識させられるな
もっとも昔あった、抗議してる女性に対し
薬剤投与し黙らさせた時点で悟ってるけど


15: 2015/11/29(日) 23:37:52.75 ID:5p+3Nci+0.net

>>6
韓国にそっくり

続きを読む
posted by 中島 at 19:21 | Comment(0) | ロシア

2015年11月29日

エジプトの砂漠に謎の構造体が現れる

1: 2015/11/29(日) 13:24:48.04 ID:VAbo9GVu0.net BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典

 地球上や宇宙などの地形の変化を研究しているイタリア人研究者、マッテオ・イアネオ氏が砂漠上で驚くべき構造物を発見したという。

 いつものようにグーグルアースで地表の様子を観察していたところ、エジプト、カイロから東に47キロメートルほどいった砂漠で、まるで秘密飛行基地のようなものを発見したという。

 グーグルアースをインストールしている人は以下の座標で確認してみよう。確かにこの構造物をみることができる

 30° 1'13.25"N 31°43'14.51"E

http://www.excite.co.jp/News/odd/Karapaia_52203597.html
no title


3: 2015/11/29(日) 13:25:55.37 ID:qLXrX9qs0.net

さすがグーグルアースさん!


4: 2015/11/29(日) 13:26:10.25 ID:gNlOjKTV0.net

ゼビウス(´・Д・)」


5: 2015/11/29(日) 13:26:36.64 ID:X1Rgy5+20.net

スターゲートか?

続きを読む
posted by 中島 at 19:41 | Comment(0) | エジプト

トルコのエルドアン大統領、強硬姿勢の露に「火遊びするな」

1: 2015/11/28(土) 20:34:12.56 ID:CAP_USER*.net

 【カイロ=溝田拓士、モスクワ=田村雄】トルコ軍によるロシア軍機撃墜を巡ってロシアが強硬姿勢を強める中、
トルコのエルドアン大統領は27日、同国東部バイブルトでの演説で「ロシアに『火遊びをするな』と忠告したい」と述べ、ロシアに自制するよう求めた。

 エルドアン氏の発言は、ロシアで商業ビザを持っていなかったトルコ人ビジネスマンらが一時拘束されたとの報道を受けたもので、「トルコ国民に対する虐待だ」と非難した。

 トルコは、領空侵犯したとされる露軍機を24日、撃墜したことについて、事前に警告を行ったなどとして正当な措置だと主張している。
その一方で、エルドアン氏は「ロシアは非常に重要な国」との立場も強調、プーチン大統領との直接対話を模索するなど、事態収拾を望む姿勢を見せている。

http://www.yomiuri.co.jp/world/20151128-OYT1T50095.html


4: 2015/11/28(土) 20:36:21.06 ID:XpJC3c+f0.net

おまえが言うな


5: 2015/11/28(土) 20:36:35.51 ID:HkKjMhr/0.net

プッチーン


9: 2015/11/28(土) 20:39:08.31 ID:XR1IV/f00.net

流れ次第で世界大戦来そうな雰囲気だよねぇ。人間は本来戦争が好きなんだろうな。

続きを読む
posted by 中島 at 12:34 | Comment(0) | トルコ

ロシア軍機撃墜:2回領空侵犯 撃墜前、トルコ計21回警告 NATO分析

1: 2015/11/28(土) 17:45:51.25 ID:CAP_USER*.net

ロシア軍機撃墜:2回領空侵犯 撃墜前、トルコ計21回警告 NATO分析
http://mainichi.jp/shimen/news/20151128dde001030017000c.html
no title


 【ブリュッセル斎藤義彦】トルコ・シリア国境付近で24日にトルコ軍機に撃墜されたロシア軍機が、2回連続してトルコ領空を侵犯していたことが分かった。
トルコが加盟する北大西洋条約機構(NATO)の外交筋が、レーダーの航路分析で判明したと毎日新聞に明らかにした。ロシア側は「警告はなく、シリア上空で撃墜された」と主張しているが、根拠が揺らぐことになる。

 外交筋によると、ロシアの戦闘爆撃機2機は24日午前9時22分(日本時間午後4時22分)ごろ、トルコ南部の領空に侵入。旋回して同9時24分、再び領空内に2・52?2・13キロ入り込み、17秒間侵犯した。

 トルコ軍は1回目の領空侵犯時に11回、2回目に10回、計21回警告した後、これを無視して領空にとどまった1機をミサイルで撃墜した。この戦闘爆撃機は飛行を続け、シリア領内に墜落した。

 同筋によると、ロシア軍機は10月3、4両日にもシリア側からトルコ領空を侵犯。トルコ政府はロシア側に再三にわたり「次の領空侵犯は容認できない」と警告していた。
10月15日にはロシア空軍幹部がアンカラでトルコ軍幹部と会談し、再発防止を約束していたという。

 トルコ軍は2012年6月、地中海上空で偵察機がシリア軍機に撃墜されて以降、領空侵犯があれば撃墜する方針を取っていた。今回のロシア機の撃墜では「原則に従った」という。


 ◇トルコ防空強化、NATO合意へ

 外交筋は、12月1日から開かれるNATO外相会議が、トルコの防空能力強化やミサイル防衛などを柱にした「支援・保障パッケージ」で合意することも明らかにした。

 過激派組織「イスラム国」(IS)の脅威に対抗するため、今年8月から検討されていたが、ロシアに対する加盟国の防衛もにらんで決定する。

 NATOはシリア内戦の脅威に対抗するため、地上配備型迎撃ミサイル「パトリオット」(PAC3)を12年からシリア国境沿いのトルコに配備している。
トルコ側は配備に「期限を設けない」よう求めており、来年初めに事実上終了する予定だった配備期間が延長される可能性がある。


2: 2015/11/28(土) 17:46:31.66 ID:RVPC6+zU0.net

さてと、どっちが正しいのか・・・w


3: 2015/11/28(土) 17:46:50.11 ID:2Rp67i8Z0.net

あーあー聞こえないスキー


4: 2015/11/28(土) 17:46:57.94 ID:+86DH/l/0.net

Su-24はいつから爆撃機に分類されるようになったんだ

続きを読む
posted by 中島 at 12:07 | Comment(0) | トルコ